その他小物

  財布に定期を入れて使用していましたが、小型の物を小銭入れと兼用した物を作ろうと思いデザインを考え初めました。

1.カードケースの製作   

  左のような型紙を作り
  ます。
  ケースにあたる革は、
  1.5〜1.8mm厚の
  革を使用し、ポケット
  の部分は1mmの物を
  使用します。
  基本の革の色は、黒
  にして部分的に無色
  の革をデザインとして
  使用します。
  半丸の物は、ホック用
  の革で適当なキャップ
  を使って型をとり作りま
  した。
  黒い革は、オイルレー
  ザーを使用しています。
  この革は、傷がついて
  もある程度は擦れば目
  だたなくなります。
   小銭入れとして作り
  ましたが、カードケース
  としての使用が多くなり
  名前を変更しました。
 [1]いつものように穴を開けて麻糸で縫っていく  [2]蓋の部分にカード用のポケットを作る
 [3]縫いあわせれば完成です  [4]金具は、上の写真のように付けました
 2009年1月に作ってから毎日パスケースとして6年以上使用してきましたが、革の無着色側が部分的に黒くなってしまい(染まる)メンテナンスを実施することにしました。
 左上の写真のように内側の黒くまだらに汚れた革を茶色に染めた革に交換を行いました。また外側に右上のようにポケットを設け使用しやすさをプラスした。
やはり自作のメリットは、質の良い革を選んで長く使用できる実用的な製品を持てることです。
   2015/5/23 UP 
2.パスケース  
  左の図面のように革を切り 縫い合わせるだけの簡単なパスケースを作ります。とても簡単に作成することができます。
コバにはトコノールを塗り研いて処理しました。
3.名札ケース  
  使用しているケースがビニール製で使っているうちに切れてくるので革で作って見ました。
 はぎれの革で作ったので少し厚かったみたいです。(1.5mm)
4.名刺ケース

2010/7/17 完成

  黒い名刺ケースを作る事にしました。しかし黒い革で裏側が無色の革がなかなか手に入らなかったので表面を
 黒く染める事にしました。
 名刺入れに裏地をつければ問題ないのですが、そのままの場合裏まで染めてあるものは入れた名刺が黒ずんで
 しまうからです。
 今まではハケで塗っていましたが、スプレータイプの「染めQ」を使ってみました。
 まったく新しい染色スプレーで本革,ビニールレザーを初めABS樹脂,塩ビ,木材など色々な素材に使用することが
 できます。

【無地の革を黒に染める】

【ボンドで貼り付け】

【完成】
  スプレーにより染めるためとても綺麗に仕上げる事ができます。
 革をボンドで固定し、周りを麻糸にロウをしみこませたもので縫って仕上げにはコバにはトコノールをつけて磨いてい
 ます。表にニートフットオイルをつけ、最後にラナパーレザートリートメントをつけて完成です。
5.靴ベラ 2015/1/4 完成 
 
 JALに乗ったときついていたプラステックの靴ベラを利用して革の靴ベラを作りました。
細長すぎる形状でしたので15mmほど短くし、横幅も少し細買ったので多少膨らませた形にしました。
革は0.8〜1mm程度の革でサンドイッチにし周りを赤い糸で縫い合わせました。サイドはやすりで磨いてトコノールを塗り磨きました。
   

M.I.の趣味の部屋