カセットデッキと録音機器
1.使用機種
アナログ録音器
   以前使用していたソニーのTC-K555ESⅡをいまだに所持しています。(4機種目でいただいた物)昔は、オープンリールも使っていましたが38を買わずにカセットデッキを使い始めました。
用途が、生録ではなくエアーチェックがほとんどでした。
デッキで欠かせないメンテナンス装置が、ヘッドの磁気除去装置です。
ソニーのHE-2を使用しています。(右の写真)
その内内部の録再アンプを自作回路に改造したいと考えて3ヘッドタイプにしています。
  デジタル録音器
  当初は、DATがメインで、ポータブル機器もアイワの製品を使用していました。
今では、色々なメーカーからメモリー録音タイプが出ているので、R-09を手始めにPCM-M10を使用しています。
2.録音メディア  
テープ アナログ記録
 昔の録音は、この方式で保存されています。
レコード会社でも同様で、古いマスターテープなどは、湿気などにより磁気層がはく離していたりしますが、じっくりオーブンで乾燥させると再生可能となります。アナログのメリットです。
デジタル記録
 プロは、テープ式データーストリーマーに録音しています。
そして、湿度,温度の管理された部屋に保存します。
私たちが一般的に使うのはDATですが、民生品は市場から消えてしまいました。(大事に使って行きます)
CD
CD
  一般的なCDは、アルミを使用しているため湿度により酸化や腐食により寿命があります。
1982年に発売スタートし1985年ぐらいから普及が加速して行きます。そろそろ20~30年経つCDが市場に存在し、保存の悪い物は再生不能のものがあるようです。
CD-R
 普通の製品は、反射膜に銀を使用しておりCDと同様または以下の寿命の可能性があります。
CD同様反射膜に金を使用した製品は寿命が長い可能性がりますが、銀でも保護膜がしっかりしていれば変わらないと思います。
CD-Rは有機色素によりピットを作り出すためここの寿命がキーとなります。
個体メモリー
HDD
個体メモリー
 LSIの微細化により実現した録音媒体で、メモリーコントロール技術(エラー訂正など)により成り立っています。
電荷の蓄積で記録するため寿命が存在します。
HDD
 記録容量を考えるとまだHDDが考えられますが、民生品は個体メモリーに主役が変わっています。
   *光ディスクは、寿命があるためプロの長期保存には採用されていない。
    しかし、保存状態の良いまたしっかり管理された工場で生産されたCDなら50年以上の寿命があるはずです。
3.カセットデッキの改造  
  AD-RW9000
 友人からの要望で改造をすることになった。カセットテープは過去のものとなり一部のメーカーが製品をまだ出してくれていますが昔の高級コンポの中古品を修理して使用しているマニアもいるようです。
今回は、現行品のティアックAD-RW900を改造することになりました。内部を見るとしっかり作られており、今回は大幅に改造せずに現状を生かした形で進めていく事にしました。
 左の写真がカセットデッキのアナログアンプ部です。左上にはレコードプレイヤー用のイコライザアンプも内蔵されています。
今は、ほとんどチップ部品で作られているセットが多い中でリードタイプの部品で作られているので改造するのにもってこいです。
 今はオーディオに使用して満足できるオペアンプも色々ありますのでここら辺を見直すことと外付けの電解コンデンサの変更及び削減を検討します。
また電源部分の見直しを検討します。
 まずオペアンに4558と4570が使われていますがOPA2134PAに変更します。
このICはFET入力でアイドリング電流が4558とほとんど変わらない値であることが選んだ理由です。
9個ほど変更するのであまり電流が増えると電源容量に影響が出てしまいます。(ヘッドフォンアンプに別基板でオペアンプが使われていると思いますが変更していません。)
FET入力にすることにより入力のカップリングコンデンサを省くことができます。
 2013/12/3
 カセットデッキのメイン基板を取り外し変更ポイントを吟味します。
アナログの切り替えスイッチに4066を使用しているのでオペアンプの±Vcc電圧が思ったより低めに設定されています。
この基板に9個のオペアンプがついていますがすべてOPA2134PAに変更します。
オペアンプの電源直近に電解コンデンサがついていますのでミューズシリーズに変更します。
信号系のカップリングコンデンサには部分的にフィリップスのBCコンを使用しました。
オペアンプの入力カップリンクコンデンサは省けるところを検討しながら削減しました。
 電源部分は今回コンデンサのみの変更としましたが今後レギュレータ回路の変更など別基板を搭載させてみたいと思っています。
 2013/12/6 UP
    上の基板から回路図を読み取り(左の回路図参考)部品の削減や変更を検討しました。たとえば出力部のミューティング回路部分については省略しませんがイコライザアンプの入力や一部の入力部分のコンデンサは削減しました。(直結)
録音再生の評価はまだしていませんが、再生のみの評価ではあくまで個人的ですが変えただけの効果があったと感じました。評価に使用したテープは、キャサリンバトルの「ザルツブルク・リサイタル」市販品を使用しました。
 
    左の部品が交換して取った物です。
友人に返却して1ヶ月弱がたちましたが評価は上々で違いが十分わかるほど良くなったとのことでした。
この時期は特に乾燥していて静電破壊で部品を壊してしまうこともありますし、部品を外すときに半田ごての熱で部品や基板を壊してしまうこともあります。
購入したばかりの製品を改造するのはリスクを伴いますので経験のある方に任せた方が良いと思います。
 2014/1/17
4.デジタル録音  
  A/Dコンバーター
 友人からの作成依頼で金田先生の書籍を元に私なりにアレンジした回路で進めます。基本的にデジタル部分は同様になりますので専用基板を購入して作る事にしました。 
   2016/01/03
 元の回路は、金田先生の電流伝送方式オーディオDCアンプシステム パワーアンプ&DC録音編: 音楽ファンのための自作オーディオ に載っているものです。回路的にはほとんど同じで定電流の作り方が異なるだけです。
FETをQポイントで動作させ回路電流の温特をできるだけ無くすようにしました。
また電流伝送入力入力のPNPトランジスタ(ミラー回路)に同じ電流を流してあげる事で入力電圧を0Vに近づけています。念のため定数を決めてスパイスシミュレーションを行い動作確認をしました。
 レギュレータ回路はバッテリーを使わないため私の作ったもの8V,5V,3.3V出力の3つを作製します。
 電圧入力と電流入力の共用回路は失敗で下のように別々の回路になってしまいました。(下図)
   

【電圧入力回路】
 
【電流入力回路】
 電圧入力・電流入力ともに似たような回路だが動作は全く異なっている。先に電流入力の説明をしておきます。
入力に繋がるFETはほぼ定電流動作で、この電流と入力電流の合成が下のPNPトランジスタに流れます。次段のNPNトランジスタは作動回路ではなくエミッタ接地の増幅回路とベース接地の増幅回路の合成になっています。このためFETによる定電流回路を設けてベース接地増幅のゲインをできるだけエミッタ接地のゲインに近づけています。出力段の上のPNPトランジスタは定電流動作となります。
 電圧入力の場合は、初段の上下の電流が入力電圧によりコントロールされるので対角となる出力トランジスタがエミッタ接地で動作し対となるトランジスタはベース接地動作となります。電流入力と異なり上下ドライブが可能なため対称動作が可能です。まずは電流入力の回路で進めて行きます。若干変更した回路をアップしました。
   2016/5/22 up
 
 
 上の写真ががデジタル部になり、次の写真が電流入力のアンプ部と±8Vのレギュレータになります。
デジタル基板は知り合いのdcamp.bizより購入しました。チップ部品を使用するときは専用基板が楽です。 
アナログ部は、変更した回路で作成するので蛇の目基板で作製しました。
   2017/2/19up
   
   
   
 

M.I.の趣味の部屋