アンプの修理  
1.CA-1000
 友人からヤマハのCA-1000のメンテナンス依頼がありチャレンジすることになりました。
40年近く前に購入した物で色々チェックしながら部品の交換やクリーニングを行います。
ケースを開けて直ぐわかるのがパワー電源の電解コンデンサの頭が膨らんでいる事です。やはり電解コンデンサはすべて交換が必要です。ニッケミのコンデンサが使われていたので最新のミューズタイプを使用することにします。下の右の写真は裏の電源基板です。
 
 上の回路がMCカートリッジ用アンプです。裏の入力ピンの近くに立てた構造で小型基板が入っています。
基板から回路をひろったので間違いがあるかもしれませんが初段が2SC1345をベース接地増幅2段目をエミッタ接地増幅で直結させています。(発振止めの位相補償が抜けています)交流的には3.9k+47μFにより負帰還をかけています。
2SC1345はローノイズトランジスタでネットを見ていると40年も使われていると劣化している場合があるような事が書かれていたのでノイズなど調べて交換するか判断したいと思います。
この頃のトランジスタはフレームが銀メッキさせていたので酸化して真っ黒になっています。今のトランジスタは半田メッキさせているので古くなっても黒くはなりません。
 2013/12/7 UP
 30年以前のモールドトランジスタのフレームには半田付け性をよくするために銀メッキが使われていましたがリードフレーム間にウイスカーが発生し大きなノイズを出すようになったりしました。(銀マイグレーション)
色々な金属でウイスカーは発生するようですが、今は改善されています。
 2013/12/27 UP
 
 
 パワーアンプの基板を取り外すためには出力段のトランジスタを放熱器に止めているネジを外す必要があります。再度取り付ける前にトランジスタと放熱器をクリーニングするとともに熱抵抗を下げるためにシリコングリスを塗ります。
 パワーアンプの出力段には18000μFのコンデンサが使われていますがなかなか同等の物が見つかりませんでした。たまたま秋葉原を散策していた時に若松通商で見つけて購入することができました。
(50mmφの大きさでないと取り付けることができません。)
右上の写真が取り外したコンデンサーです。
MCアンプ基板,イコライザ基板,トーンコントロール・フィルター基板,パワーアンプ基板,電源基板の電解コンデンサをすべて交換しました。40年前の製品ですが一度メンテナンスをメーカーに依頼しているので他に大きな問題はなさそうで、ノイズも気になるほど悪化していなかったのでそのほかの部品の交換はしないことにしました。以上でメンテナンスの終了です。
2.KA-2002A  
 この機種は、1972年頃の物で45年ほど前の物になります。片チャンレルのイコライザのみ音が出ないとのことで修理依頼された物です。
回路はディスクリート半導体によるシンプルな構成でパワーアンプは出力段がダーリントンとインバーテッドダーリントン構成になっています。PNPのパワートランジスタに周波数特性の良い物がまだなかった時代です。
   2019/12/7 up
 上の図がイコライザになります。電解コンデンサは何十年もたつと電解液が抜けて行き容量低下が起きている可能性が高いのでまずは交換することにします。イコライザの2段目のトランジスタが壊れていましたので交換して動作OKとなりました。
この頃のトランジスタはリード線が銀メッキされていて長年の動作でマイグレーションが起こった可能性があります。(ショート不良) 
   
3.A-911  
 オンキョウのA-911の修理を頼まれた。
この製品は、1994年に発売されたもので購入して20年以上たっている。
ただ使用頻度が低いせいか内部の汚れや部品のダメージはあまりないように思える為問題の個所周辺だけのリニュアルを行うことにした。
修理依頼の内容は、右側のスピーカーの音が突然聞こえなくなるという事でした。
 一応一通り音楽再生を行い確認すると、フォノ入力のノイズが右側で大きくなっている事も確認できました。
レコードを聞くことは無いようなので直さなくても良かったかもしれませんが一応修理することにしました。
ブロックごとに確認を行いパワーアンプは正常に動作をしていました。保護回路も問題ありませんでした。
不具合が起こっている部分がトーンコントロール基板にあることが解りました。
本来なら不具合の原因を追及して直すべきですが、現象から考えてリーク電流の温度変化で起こるのではと推測し可能性のある部品を全て交換する事を試みました。
 
 上の基板が、イコライザアンプ及びラインアンプ群になります。
左のDIP8ピンは、NJM4565DDというJRCのローノイズ選別のオペアンプになります。
真ん中から右に並んでいるシングル8ピンのICがロームのBA15218と言うオペアンプ(3個)になります。
下についている多ピンのICがセレクタのようです。この製品はリモコンでボリューム含めセレクタを操作することが出来ます。
電解コンデンサとオペアンプを全て交換しました。
オペアンプは全てNJM4580というオーディオ用に改善された物に置き換えました。
この製品が発売されたころには4580はまだ無かったと思います。
コンデンサについては、ニチコンのMUSEを採用しました。電源の所にOSコンをつけて見ました。
この部品交換でノイズについては改善できました。
   '22/2/3 UP
 上の写真がトーンコントロール基板になります。フロントパネルを外して取り出さないと修正出来ないのでネットの情報を探しました。全ての基板の取り外し方が解る写真が掲載されているところが見つかり外すことが出来ました。
ここに使われているオペアンプがNJM4565の9ピンタイプのICでした。今は、8ピンタイプしかありませんので右詰めに刺します。(1ピンがNCなので) 昔はたしか逆差しで壊れないように9ピンにしたと思います。
電解コンデンサとオペアンプを全て交換したものが下の写真になります。
お気づきの方もおられるとは思いますが一部のコンデンサは無極MUSEを使用しました。回路を見るとオペアンプは約±13Vほどの電源で動作しており信号系がカップリングコンデンサで繋がれている構成になっています。そこで気が付いた部分に無極コンを採用しました。
経年劣化でリークが増えるとオペアンプの出力が0Vからズレる場合もありますのでコンデンサに逆電圧がかからないともかぎりません。
オペアンプはすべてNJM4580にしました。(DIPもシングルも購入可能)
以上により信号が突然出なくなる現象も無くなりました。
 
   
   

M.I.の趣味の部屋