PT15Sパワーアンプ
1.回路検討  
  あまりコストをかけずにヨーロッパの真空管を使用したパワーアンプを作ることにしました。
選択した管はは、PT15です。どうもトップ・プレートなどの製品は、人気がないようで安価に購入できます。
音は、DA30に似た所もあり一部では評判も良さそうです。
 三極管接続で使用するので、プレート電圧と電流によりますが−30〜−40V近くのバイアスとなり初段のゲインもある程度高くさせる必要があります。パワードライブかトランスによるドライブで+までドライブしてやれば、ハイパワーにすることができます。今回は、シンプルに五極管を使用することにしました。
 初段のカソード抵抗などまだ変更する必要がありますが、まずは全体の回路を下に載せました。
  PT15は、三結で使用すると非常に直線性が良く初段の歪みも少なくする必要があるかも知れません。初段に5極管を使用する場合一般的にはシャープカットオフタイプを使用しますが、動作ポイントや出力段との歪み相殺を考えると色々試してみることも必要です。
 ヨーロッパ管として手持ちにあったCV1053をまずは候補として上げましたが、6J7Gや三極管も検討してみようと思います。歪みとドライブ能力を高めた回路として下回路図を検討してみようと思います。
 
 出力トランスをタンゴにするかタムラにするか検討している時に(有)アイエスオーがタンゴトランスの製造を中止するという情報を知りました。
ローコストで性能の良いトランスがなくなっていくのは残念です。
今後のことも考え他に安くて良いトランスはないものかと探していたところOP5K8Aというトランスを見つけました。
中国製だと思いますが、コアは新日鉄のオリエントコア(0.35mm)で線材は無酸素銅線を使用しており試聴もして納得し購入することにしました。
このアンプにはOP3.5K35APROという300B用のものを使用することにします。
3.6Kgとコアボリュームの大きなもので低域を重視して選びました。
 PT−15を三極管接続して使いますが、仕様書を見るとスクリーングリッド(G2)の耐圧が300Vと低い値でこれを守って使用するか検討しましたが、オーバーして使用することにしました。元々送信管であり多少のオーバースペックに耐えうるという判断からです。
G2の仕様として10mA,10W以下という部分はクリアーできるので三極管接続で400Vかけて70mAという動作で決定しました。
 電源については、整流管を使用せずロームのSICショットキーダイオードを仕様します。
平滑コンデンサにフィルムコンデンサを使用するため電源投入時のラッシュカレントに気をつけるため抵抗とタイマー管で少しだけ突入電流を抑えることにしました。
初段の回路も色々考えましたがシンプルに五極管のアンプで進めることにします。    2013/6/20UP
2.主な使用部品  
PT15
   DA30に近い音を出すと言われておりコストパフォーマンスに優れた球です。
トッププレートタイプの真空管は、人気がないので性能のわりに安く購入することができます。
 
CV1053
   作りのしっかりした球でしたので以前購入しました。シャープカットオフではないので動作ポイントをうまく選んで歪みの少なくなるように調整します。
6J7と比較して最終的に決めます。
    
SCS105KG
   ローム製の1200Vショットキーダイオードです。
SICによるもので管球王国Vol.68に手紹介されています。低域が気になる場合には、パラに使用すれば申し分のない音質を実現できます。
 
OP3.5K35APRO 
   3.5kΩ35Wシングルトランスで、DC100mAの電流を流すことができる大型のものです。
300B用に作られたもので周波数特性も10Hz〜75kHz(−3dB)と広い特性をしめします。
3.現代アンプ  
 
【回路案1】
 
【回路案2】
 色々考えましたがDCサーボをかけないできるだけシンプルな回路案2を作製することにしました。
   2017/3/13 up
 CDやレコードが増えて置き場が無くなってきました。そこでもう一度見直して2つの異なるパワー管を差し替えて使えるシングルパワーアンプを一台作ってみようと思いまたもや回路変更です。
  2017/5/20 up
 ヨーロッパ管の中で気に入っているPT15と4033Aを差し替えで使えるアンプです。大きな球と小さな球なので普通なら考えない組み合わせだと思います。ヒーター電圧が少し異なるので切替SWが必要かもしれません。PT15は三極管接続で使いますがプレートと直結するグリッドに直列抵抗を入れることができないなど制約があります。定格電圧を多少超えた使用にもなります。
とりあえず問題があるかもしれませんが実験してみようと思います。
  2017/5/20 up
   
   
   

M.I.の趣味の部屋