送信管837シングルアンプ
1.小型送信管837
 837は小型の送信管です。807よりも小型(特性的に)でトッププレートな為オーディオでは全く人気のない球です。しかしプレートの形状や作りを見るとさすがにすばらしい送信管であると言えます。ぜひオーディオに使用し満足できるアンプを製作したいものです。
下に主なスペックを掲載します。
837  
 ヒーター電圧 12.6V
 ヒーター電流 0.7A
gm 3400μmhos Ip=24mA
最大プレート電圧 500V
最大サプレッサーG電圧 200V
最大スクリーンG電圧 200V
最大プレート電流 40mA
最大プレート電力 16W
最大サプレッサー電力 5W
最大スクリーン電力 5W
 PT−15同様G2にかけれる電圧が200Vしかなく単純に耐圧をオーバーさせるのはあきらめました。そこで考えたのが外付けMOSトランジスタによる分圧型三極管接続によるアンプです。この方法によりプレートには400V近くをかけた三極管接続のアンプとして動作させることができます。
 うまく動作してくれるかわかりませんが、チャレンジしてみます。
出力トランスには、同様のメーカーからOP5K8Aを4Ω端子に8Ωのスピーカーをつなげてインピーダンスを10KΩとして使用します。
 
 ドライブ段(初段)の真空管を12AY7A(6072A)より6414に変更しました。
X7やT7と比較するとY7はドライブ能力のある球で、昔プリアンプに使用してお気に入りの真空管です。ただご多分に漏れず価格の高騰で他にリーズナブルなものはないか探していました。
「無線と実験」を読み返していて見つけたのが6414です。この球に3.7mA(125V)ほど流して使用しますのでカソード抵抗は400Ω程度に変更です。 
2013/9/2 UP
 
 考え方は単純でしたがトランジスタの入力容量が大きく回路変更をしてみました。 
   
2.新型アンプにチャレンジ  
 この回路がちゃんと動作するかわからないがチャレンジしようと考えているものです。回路からコンデンサをできるだけ削減すること,837のスクリーンゲートをどのようにドライブさせるか,半導体によるレギュレータの採用を考えて設計してみた。うまく動いたら報告します。
   2017/2/25 up
 
   
3.主な使用部品  
 
OP5K8A  
 PT−15アンプ同様のメーカーを使用することにしました。 5kΩ8Wのトランスで高級感はありませんが、作りはしっかりしています。このトランスを使用した300Bのアンプを試聴して購入を決めました。
小型のわりに15Hz〜45Hz(3dB)の特性を持ちDC80mAも流すことができます。
 
837 
   この真空管を見つけたのがアンプを制作するきっかけです。トッププレートの送信管で作りがしっかりしています。
このような球が安く購入できるので是非オーディオアンプに作り上げたいと思いました。
6414 
   最初は12AY7Aを考えていましたが、安く購入できるこの真空管を知り採用することにしました。一般的に12AX7や12AT7などμを考えると選びますがドライブ能力の良いと思われるものを採用します。
 
SCT2450KE 
   SCT2080KEで検討していましたがピン間容量が大きいので現状一番小型SICMOSであるSCT2450KEを使用することにしました。 
   
   
   

M.I.の趣味の部屋