cdsを利用したアッテネータ
1.アッテネータ回路検討
 ギターのエフェクター(Phaser)に使用した Cdsを利用して電子ボリュームを作ることにします。ペアー使用で余ったMIO202CLを利用することにします。
単体の電流/抵抗特性の測定値から最大抵抗値を50kΩ最小抵抗430Ωの範囲を使用することにしました。回路図を下に掲載します。
 
 電源は10V~12Vを供給することにします。ギターエフェクタ同様にLEDの電流をコントロールすることにより抵抗値を可変させますが、コントロール電流の質が音にも影響するかもしれませんのでオペアンプではなくトランスコンダクタンスアンプを使用した構成を考えました。
動作原理は簡単で、50kのボリュームと430Ωの直列抵抗と同じ抵抗値に常にコントロールされるという動作になります。電流コントロールのため差動の電流差を倍程度に抑えVbeの電位差を18mVほどにします。
直列に入っている430ΩもLEDに流す最大電流を抑えるためです。
電流源や電源のノイズも気になりますので、ディスクリート電源を設計します。
 2015/4/12 UP
   
 

M.I.の趣味の部屋