その他の充電器                                      
1.色々な電池  
種類 容量(mAh) 電圧(V) 備考
単4 マンガン黒 450 1.5
アルカリ 900 1.5
単3 マンガン赤 700 1.5
マンガン黒 1000 1.5
アルカリ 2000 1.5
ニッカド(NiCd) 700〜1000 1.2 モーターなど高負荷に最適,メモリー効果に注意が必要
ニッケル水素 1300〜2700 1.2 熱に弱いので充電には注意が必要
単2 アルカリ 5700〜7700 1.5
単1 アルカリ 12500〜17000 1.5
006P マンガン黒 300
アルカリ 500
2.色々な二次電池の充電器  
 ニッカド・ニッケル水素電池の充電には0.5〜1Cの電流による急速充電回路がある。充電容量が100%になると電池電圧が下がる特性を検出する−ΔV検出や温度変化が大きくなるΔT検出などとタイマーを組み合わせた回路により充電終了を行う。
色々なニッカド電池の−ΔV電圧を調べたことがあるが値がまちまちで変化の少ない製品も存在するためタイマーなどと組み合わせた回路が必要となります。
信頼性の高い回路は、電圧・温度・時間(タイマー)を組み合わせたものです。
リチューム電池の場合は、最初は0.5〜1Cの定電流で充電を初め電圧がセル3.6Vの場合4.2Vになると定電圧充電に切替ます。充電電流が0.1〜0.05Cに下がったら充電完了となります。
リチュームの場合は、特に過充電や過放電により発火する危険があります。そのため最近は電池容量にマージンを持たせた表記がされています。(海外の怪しい電池は?)
 
3.リチューム充電電池用充電器  
  充電の方法 
1.プリチャージ   電池電圧が2.5V以下に下がってしま場合0.1Cの電流で1時間ほど初期充電をしてあげる必要があります。 
2.定電流充電   2.7Vから4.2V(4.1V)になるまで1C以下の一定の電流で充電を行います。 
3.低電圧充電   電池電圧が4.2V(4.1V)になったら今度は電圧一定で充電を行います。充電電流が、だんだん下がっていくので例えば1/10になったら充電を終了させます。 
* 当初、充電電圧は4.1Vでしたが、電池容量の増加とともに少しでも容量アップを期待して
  4.2Vに変わってきたようです。
  リチュームイオン二次電池はメモリー効果がない(きわめて小さい)電池ですが、満タンでの
  保存や使い切っての充電に弱い欠点があります。
  ディスクリート部品による自作回路
 リチューム電池は、特に過充電や過放電により発火する危険があるため設定電圧や電流には注意が必要です。十分理解したうえで設計・作成にあたってください。
下の回路はディスクリート構成の回路例で、1セルの場合は3.6Vと電圧が低いため基準電圧はツェナーではなくバンドギャップリファレンスタイプ(IC)を使用します。
回路的にはシンプルで、充電電流は設定抵抗により決まった電流以上を流さない制限が働きます。充電電圧が上がってくると設定電圧以上に上がらないよう回路的にクランプされます。 
 
  LTC4054−4.2による充電器 
    ほとんど内蔵されているので、外付けは充電電流を決める
 抵抗と充電中を表示するLED回路のみで動きます。
 電源入力に1Ωを入れてICの発熱を抑えています。
 3.6Vのワンセル充電回路を非常に小さく作成できます。
   

M.I.の趣味の部屋