その他の部品
1.コンデンサ  
 ● ASC メタライズドポリカーボネイトコンデンサ
   オーディオ信号系のカップリングコンデンサに使用します。
  クセのない(少ない)音を聞かせます。
 ● 双信電機 メタライズドマイラーコンデンサ
   特に半導体によるアンプを製作するときには、電源や信号
  ラインのカップリングコンデンサに使用していました。
  残念ですが、今は廃盤になってしまいました。
 ● NEC タンタルコンデンサ
   電話の交換機などに使われている(いた?)通信工業用
  タンタルコンデンサで、耐圧は15Vしかありませんが390
  μFでプリアンプのカソード自己バイアス抵抗にパラって使
  用します。
 ● 双信電機 SEコンデンサ
   イコライザやフィルター用コンデンサとして使用します。
  CDなどのアナログフィルターやPLL用フィルターなどに
  使用しています。
 ● サンヨウ OSコンデンサ
   デジタル回路の電源のデカップリングコンデンサやパスコン
  として使用しています。
 ● フィルムコンデンサ
  
電源のカップリングコンデンサに電解コンデンサの代わりに
 使うため選んだもの。(47μF,630V)
2.抵抗  
 ●メタルクラッド抵抗
   カソードの自己バイアス抵抗や電源のフィルター用抵抗に
  使用します。放熱の良い場所にネジどめして使用します。
 ●タンタル金属皮膜抵抗
   現在使用しているすべての機器に使用している私の標準
  抵抗です。
  単品評価であまり良くない結果が出ていたりしますが、音質
  評価も問題ないと思います。
 ●ビシェー金属薄膜抵抗
   一般的な抵抗の高周波特性は、左図の等価回路で示す
  ようにL,C成分により変わってしまいます。
  この抵抗は、薄膜のパターンにより高周波までL,C成分を
  キャンセルするような構造をしています。
  私は特に数MHz以上の信号を扱う必要とする部分に限定
  してこの抵抗を使用しています。
3.トランス  
 ●RS−700
   プリアンプ&パワーアンプ増幅段用電源トランスに最適な
  トロイダルトランスです。
  オーディオ全盛の時にタンゴより発売されました。
  ±50V,17.5Vで0.7Armsの2次出力です。
  1次−2次間のシールド付となっています。
  私は、このトランスを使い±55Vのシャントレギュレータで
  プリアンプの電源を作りLR独立電源で使用していました。
 ●PC−3005
   タムラの角形の真空管用トランスです。
  少し贅沢をして使用してみました。
 ●JS−6123H
   ヒノオーディオで販売しているコストパーフォーマンスの高い
  20Wシングルの出力トランス。
  残念ながらヒノオーディオは無くなってしまいました。
4.その他  
 ●リレー
   プリアンプなどの入力セレクタに使用します。
  信号ラインを引き回さずに最短でレイアウトすることが出来ます。
 ●出力端子
   真空管ソケット同様色々ありますが、これも何種類か使用
  しています。
  基本的に見た目のしっかりした物を選んでいます。
 ●ソルボセイン
   自作のケースに衝撃吸収素材のソルボセインを使用して
  います。
   ラインアンプやプリアンプの内部ケースもソルボセインで
  振動吸収させてマイクロフォニックノイズを低減させています。
真空管ソケット 
 

 
形状  取り付け穴 例 
UX4ピン 32mm 2A3,300B
UY5ピン 32mm 807,76
UZ6ピン 32mm 310A
UT7ピン 32mm 837 
オクタル8ピン 28〜32mm 6V6,EL34
ロクタル8ピン 32mm 7F7,7C5
MT7ピン 16mm 6AV6
MT9ピン 19mm 12AX7,12AU7
マグノバール9/12ピン 27mm WE418A,437A
コンパクトロン9ピン 25mm 6JE6,6KV6
UF5ピン 32mm PX25,PX4
  ソケットは低価格な物から高価な物まで色々ありますが、
使用実績のある手頃な物を以前から使用しています。
   
 
UF5ピン オクタル8ピン
グリッド/プレート・キャップ
 
サイズ
9/16インチ(14mm) 811
3/8インチ(9mm)  807
1/4インチ(6mm)  6J7
   

M.I.の趣味の部屋